ブログ

お電話はこちら092-937-5900
2018.12.03

年末年始の休診のお知らせ

平素は格別のご愛顧いただき誠にありがとうございます。

さて、今年もあと残り少なくなってきております

のぞみ歯科空港東の年末年始の休診のご案内をさせていただきます。

年末12/31(月)まで休まず診療しております。

※但し最終日の12/31は最終受付時間が早まる可能性もありますので当日事前にお電話いただけると幸いです。

1/1(火)~1/3(木)まで休診とさせていただきます。

※尚、1/4(金)より通常の診療とさせていただきます。

のぞみ歯科空港東スタッフ一同

2018.06.17

《口臭気になりませんか?》

今年はすでに寒暖差が激しくて、ようやく春到来ですね🌸

春は出会いの季節と言われるように、「初めまして」がたくさんです😊

そんな時ハッと気になるのは口臭😰

自分の口臭は大丈夫か心配になったとき、簡単な方法でチェックができるんです(o^▽^o)/

【用意するもの】・・大きめのカップ、蓋になるような紙等

 ①カップに息を吹き込んで、すぐに蓋をします

 ②2・3秒待って蓋をあけにおいを嗅ぎます

もしにおいが気になった場合は少しケアが必要かもしれません💡

口臭の原因は色々あるんですが、お口の中のケアとしてできるものを紹介します

・歯垢や歯石が残らないように毎日の歯磨きを丁寧に

・舌苔(舌に付く細菌や食べカス)を取り除く舌ブラッシング

・むし歯や歯周病の治療

もちろん口臭の原因になるのは他にも呼吸器系・消化器系・耳鼻咽喉系等の異常やストレス等

さまざまな要因があるんですが、ひとつずつ原因を減らしていけば悩みも減ります☺

※上で紹介した口臭チェックですが必ずしも正確ではありません(自分の匂いに慣れてしまった鼻で嗅ぐので💦💦)

口臭チェックしたいなと思われる方は当院にお越し下さい🌟

今年はすっきりさわやかなお口で過ごしましょう

 

 

2018.06.17

《仕上げ磨き》

お子さんをお持ちのお母さん、お父さんがよく悩むのが仕上げ磨きっていつまですればいいの?ということ

正直、小学校中学年くらいになったら嫌がって仕上げ磨きをさせてくれないこともしばしば😖💦

でも生え変わりのこの時期こそ仕上げ磨きをしてあげてください

乳歯から永久歯に生え変わるから別に大丈夫だろうというのは間違いです⚡😱⚡

永久歯は乳歯の下で成長しているので乳歯が虫歯になると虫歯の根元に膿がたまったりして永久歯も悪い影響を受けてしまいます😫さらに、むし歯の為にやむなく乳歯をぬいてしまうと、空いた隙間に周りの歯が寄ってしまい永久歯の歯並びにも影響が😬💧

また乳歯から永久歯に生え変わるこの時期は、乳歯が抜けて隙間があったり歯の大きさにばらつきがあるので歯磨きが難しい時期です😰

お子様自身での歯磨きではきちんと磨けていないことも多いので、まだまだ仕上げ磨きをしてあげてください☆☆☆ 

できるなら小学校卒業頃までしてあげるのがいいのですが、ほとんどの子が嫌がるので😅その時期が来る前に自分でしっかり歯磨きができるように指導していくこともとても大切です🌟お子様と一緒に歯科医院で歯磨き指導をしてもらうのも効果的

 

また、仕上げ磨きの他に有効な方法としてフッ素シーラントがあります。乳歯や生えたての永久歯は、成熟した歯と比べて柔らかく、むし歯になりやすい状態です。 フッ素塗布やシーラント処置などをしておくとさらにむし歯を防ぐことができます💡

子供達が大人になった時に自分の歯をどれだけ残してあげられるかも親からの大きな贈り物です🎁毎日は大変でも2日に1回、1週間に1回など親子でできる範囲で仕上げ磨きしてみてください😊

2018.06.17

《フッ素その2》

前回はフッ素の大切さ、素晴らしさをお伝えしました👏

今回はいつ頃・どのようにしてフッ素を使えばいいかをご紹介していきます🌟

  • ?いつ頃?
  • フッ素ケアを始めるのに最も効果的なのは
  • ・乳歯が生えてくる生後6カ月から5歳
  • ・永久歯が生え揃う6歳から15歳頃です
  • ・もちろん成人にも効果的です(前回お伝えしたように歯の歯質を強化してくれるので虫歯になりにくい歯になります)
  • ?どんな時?
  • 大きく3つに分けられます
  • ①フッ素配合歯磨き剤によるブラッシング❣
  •  こちらはみなさんよく目にされている、歯磨き粉にフッ素が配合されているものを使うという方法です。歯磨き粉なので継続的に使用することを目的として作られているため、配合されているフッ素の濃度は他の手法と比べて少ないです。
  • ②フッ素洗口❣
  •  フッ素洗口剤を薄めた水でブクブクうがいをする方法です。口腔内の隅々まで薬液が浸透します。このブクブクうがいをとりいれている保育園や幼稚園もあるそうです。
  • ③フッ素塗布❣
  •  歯に直接フッ素を塗布する方法です。年に3・4回歯科医院で塗布を行います。他の方法と比べて濃度が高いフッ素を用います。歯垢除去を行った後に塗布するためより高い効果が期待できます。
  •  ※濃度が薄いジェル状のフッ素をご家庭で塗布する方法もあります。毎日歯磨きの後行うことで高い効果が期待できます。

 

いろんな方法がありますがどの方法が自分に一番合っているのか、疑問に思うことや詳しく聞きたいなどなんでもご相談ください(*^_^*)♬

2017.08.29

《聞いたことあるぞ、フッ素!!》

「フッ素」って言葉、耳にしたことはございますか

なんか耳にしたことあるって方も多いと思います

今回はフッ素は虫歯予防においてこんなに素晴らしい✨ということをご紹介したいと思います

  • フッ素の効果
  •  エナメル質(歯の表面を覆っているつるつる)の結晶を強固にします💪 
  •  再石灰化を促進します(虫歯一歩手前の歯を元に戻そうとする力)👏  
  •  酸の産生(虫歯菌が作ろうとしてる)を抑制します🙌         

 フルオロキシアパタイトを生成し、酸に強い歯にします👍       

総合的にいうと、フッ素はもとからある歯を強くしてくれるということです

すっばらしいですね🌟

ただ、たま~に「フッ素って体に良くないんでしょ😖」って声も耳にします

それ誤解です!!

もちろんあまりに過剰に摂取された場合はまれに斑状歯(着色・斑点のある歯)になることがあります

しかしそれはどんな良薬でもいえること。なんでも過剰に摂取してしまえば体に良くはないですよね😷

きちんと容量、用法を守って使用すれば上記に説明したように自分で自分の歯を守ることができるんです😊

最近はフッ素配合の歯磨き粉や洗口剤もスーパーなどで気軽に購入することができます💡

まだまだお伝えしたいのですが、長くなりすぎるので・・・(+o+)💦

次回はフッ素ケアはいつやるのが効果的か」「どんな方法があるのかをご紹介したいと思います

24h無料相談メール
お電話はこちら092-937-5900
スタッフブログ医療法人 博真会求人情報Facebook